ぼうふら団

どぶ川の底で活動中

オリジナルのぬいぐるみを作る

自分デザインした物を立体のぬいぐるみにして見たいと思いませんか?

今回は、簡単なデザインをぬいぐるみにしてみたいと思います。

例えばこのような、ぬいぐるみ。

f:id:kojikoji4253:20200705081211j:image

まず、デザインを決めます。

f:id:kojikoji4253:20200705080036p:image

型紙を作ります。

デザインのシルエットラインを紙に抜き取ります。

5㎜の縫代を付けます。

f:id:kojikoji4253:20200704203243j:image

型紙完成。

 

では、この型紙をもとに作って行きます。

布を各パーツ2枚ずつ裁断します。

f:id:kojikoji4253:20200705001932j:image

内側を表に重ね、綿を入れる開きを開けて、周りを縫います。

f:id:kojikoji4253:20200705002119j:image

布をひっくり返した時、引きつる場所は、縫代を浅くカットします。

f:id:kojikoji4253:20200705080733j:image

布をひっくり返し、綿を詰めます。

開きを縫って閉じ、パーツを合体させます。

f:id:kojikoji4253:20200705073543j:image

目と口を付けて完成です。

f:id:kojikoji4253:20200705081211j:image

上手く作るポイント。

試作品は、大きめに作り可能なようであれば小さくしてみましょう。

デザインによりますが、型紙1枚で作らずに、2〜3枚程度の型紙にし縫い合わせると立体感が増します。

 

一度で、上手く作れる事はありません。

何度でも思考錯誤しトライしましょう。